オーストラリア観光 クイーンズランド州

ハミルトン島の観光に必要な情報総まとめ。

ハミルトン島 観光

ハミルトン島ってよく聞くから気になっているんです。詳しいことはまだリサーチしていないんですけど…

そんな人のために、元島民の私がハミルトン島観光に必要な基本情報を島への愛を込めてをまとめました。

この記事を読めば、ハミルトン島観光に必要な情報が全てカバーできます。

ハミルトン島観光を考えている人はぜひ読んでいってください。では、早速始めましょう!

ハミルトン島の場所とアクセス

残念ながら日本から直行便は出ていません。オーストラリア国内で乗り換える必要があります。

ハミルトン島行きの飛行機が出ている都市は4つ。

  • ケアンズ
  • ブリスベン
  • シドニー
  • メルボルン

この4つの都市と組み合わせてツアーを組むのが1番簡単。シドニーと組み合わせると、オーストラリアらしさを余すところなく満喫できるのでおすすめ。

ハミルトン島 行き方
【飛行機&フェリー】ハミルトン島への行き方を解説します。

続きを見る

必須の持ち物

  • サングラス
  • ウォータープルーフの日焼け止め
  • 水着
  • 防水カメラ
  • サンダル

さすがに冬場は気温が20度を下回るとは言え、日差しは年間を通して強烈。日焼け止めは欠かさず塗りましょう。油断しているとあっという間に日焼けして全身真っ赤になります。

ハミルトン島の見どころは主に海。防水じゃないスマホやカメラを海に落としてダメしてしまったゲストをたくさん見てきました。

グレートバリアリーフの撮影はもちろん、大切なデータをなくさない為にも、防水対策はしていきましょう。海に出る時は防水カメラの方が安心です。

ハミルトン島のベストシーズン

  • 7月~8月(ザトウクジラが見られる可能性大)
  • 5月~6月か9月~10月(天気の良い日が多い)

基本的に乾季(冬)の時期を狙っていった方が良いです。冬と言っても晴れていれば日中25度を下回る事はありません。

さすがに朝晩は冷え込む(15度くらい)ので、羽織る物は持っていきましょう。

逆に避けるべきは雨期。この時期、運が悪いと滞在期間中ずっと大雨でツアーが全キャンセルって事にもなりかねません。

  • 2月~4月(サイクロンに当たる可能性あり)
  • 12月~2月(クリスマス~旧正月、超繁忙期)

中国の旧正月の時期は島1番の繫忙期。予約がめちゃめちゃ取りにくい + 島もすごく混む + 天気も悪い事が多いので避けましょう。

ハミルトン島 ベストシーズン
ハミルトン島の天気って良いの?元島民が教えるベストシーズン!

続きを見る

ハミルトン島での滞在方法

ホテルかホリデーホームと呼ばれる貸別荘での滞在がメイン。貸別荘は大人数向け。カップルで行くならホテルがおすすめです。

メジャーなホテルは5つ。

  • クオリア
  • ビーチクラブ
  • リーフビュー
  • パームバンガロー
  • ウィットサンデーアパートメント
ハミルトン島 ホテル
元島民が教える!ハミルトン島のホテル5選

続きを見る

>>世界中のホテル予約サイトを一括比較【ホテルズコンバインド】

必要な滞在日数

2泊以上、できれば3泊をおすすめします。理由は3つ。

  • 到着日にアクティビティを入れずにすむ
  • 天気が悪かった時にツアーを翌日に延期できる
  • 島と島周辺の両方を楽しむのに十分な時間

万が一フライトが遅延した場合、その後のツアー参加時刻に間に合わない可能性があるからです。出発時間に間に合わないとドタキャン扱いでキャンセル料100%チャージされてしまいます。

島の天気は変わりやすいです。万が一悪天候でツアーがキャンセルになった時にも翌日に延期して参加できるようにしておきましょう。

ハミルトン島と周辺地域の見どころ

島内のアクティビティ

  • コアラを抱っこする
  • メインのリゾートプールでのんびり
  • 島のビーチでシュノーケリング
  • ゴルフカートを借りて島を探索
  • オーストラリア定番グルメを楽しむ
  • 隣のデント島でゴルフ

コアラの抱っこができるのはクイーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州のみ。シドニーやメルボルンでは違法です。

島民が選ぶ!ハミルトン島を満喫できる人気アクティビティ

続きを見る

ハミルトン島 ハートリーフ
【ハミルトン島】快適に観光するにはゴルフカートが効率的。

続きを見る

ホワイトヘブンビーチ

満ち潮のヒルインレットとホワイトヘブンビーチ

世界のベストビーチとして選出されたこともある、白さで有名なホワイトヘブンビーチ。ハミルトン島の隣島、ウィットサンデー島にあります。

全長は7㎞、白さの理由はビーチの砂の98%がシリカ(水晶の1種)だからです。白砂糖のようなサラサラした感触で、日に当たっても熱を持たないので年中ひんやりしているのが特徴。

ほしこ

面積当たりのプロポーズ率がオーストラリアで1番高いらしいと言われるくらい、ロマンチックな場所としても知られているんですよ!

ホワイトヘブンビーチ北の端にあるのが、マーブル模様で有名なヒルインレット。

アクセス方法は4つ。

  • ヘリコプター
  • 水上飛行機
  • セーリングボート
  • 大型船

写真のようなヒルインレットを見たいならヘリコプターか水上飛行機。ヒルインレットの中に降りたいならボート。

ボートと言っても内部に行けないツアーもあるので、申し込む前に要チェックです。

【地元民が解説】ハミルトン島からホワイトヘブンビーチへの行き方。

続きを見る

ハートリーフ

ハミルトン島 ハートリーフ

ハートリーフはハートの形をした珊瑚礁のこと。横幅は約17m、実際に見ると「意外と小さい!」と言われる事が多いです。

このハートグレートバリアリーフの中で1番美しいと名高いハーディーリーフの中にあります。

1975年に本土の水上飛行機ツアー会社、Air Whitsunday Seaplanesのパイロットが発見したのがきっかけに有名になりました。

上空からしか見えないので、基本的にハミルトン島(Hamilton Island Air)からの遊覧飛行に参加する必要があります。

ハミルトン島からハートまではヘリコプターか水上飛行機で片道30分。船ではアクセスできません。

ハミルトン島 ハートリーフ
【ハミルトン島発】ハートリーフへ遊覧飛行♡元ガイドがアクセス方法を詳しく解説!

続きを見る

リーフワールド

ハートリーフのあるハーディーリーフのすぐ傍に浮かぶのがリーフワールドと呼ばれるポンツーン(人工の浮島)。Cruise Whistsundaysが運営しています。

このリーフワールドはグレートバリアリーフを満喫するための設備が満載。

  • シュノーケリング道具
  • ダイビング道具
  • 半潜水艇
  • 宿泊施設
  • サンデッキ

ハミルトン島からこのリーフワールドまでは船で片道約2時間、ヘリコプターなら30分で行く事ができます。リーフワールドにはスタッフが大勢いるし、泳げない人でも楽しめる設備があるので安心です。

船のツアーなら船上でのランチもついてるし、1日たっぷりグレートバリアリーフを満喫できます。

船は風が強いと結構揺れるので、苦手な人は酔い止めを飲んでいきましょう。

ハミルトン島まとめ

全長約2600㎞あるグレートバリアリーフの中でも1番美しい事で知られているウィットサンデー諸島にあるハミルトン島。

日本人観光客(特にハネムーン)に人気なことから、旅行会社のパッケージも豊富です。

ばっちり準備をしてウィットサンデー諸島の大自然を思いっきり楽しんで欲しいと思います・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住3年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光, クイーンズランド州