オーストラリア観光情報 ニューサウスウェールズ州

【シドニー近郊】アクロバット飛行を体験してみた感想。意外と怖くない!

シドニー 曲芸飛行
ほしこ

先日、彼の操縦で実に3年ぶりにアクロバット飛行に連れて行ってもらいました。3年前は初めてだったので、怖いもの知らずで上下逆さまになる勇気があったもの、今回はちょっと怖くなって完全に逆さにはならず…。やっぱり勇気を出しておけばよかったかもと、ちょっと後悔中です…

日本ではブルーインパルスを見る以外あんまり考えたことのないアクロバット飛行。

オーストラリアではアクロバット飛行のお試し体験ができる場所が意外と多いんです。

オペレーターの方と話していると、普段飛行機にあんまり縁がない人達の予約も多いとのこと。

アクロバット飛行予約の理由

  1. 父の日のプレゼント
  2. パートナーへのサプライズ
  3. 結婚前の男性を仲の良い友達が集まって祝うバックスパーティー

オーストラリアではスカイダイビングも各地で出来るし、遊覧飛行をはじめとする航空系ツアーも人気。

スリルを求める人が多いのかもしれませんね。

シドニーでアドレナリン大放出間違いなしのアクロバット飛行体験ができる場所を2カ所、紹介します!

たくさんの企業、学校が集まるBankstown AirportのRed Baron

ピッツスペシャル
ピッツスペシャル  出典:https://www.redbaron.com.au/

Red Baronはアクロバット飛行体験を始め、遊覧飛行を扱う会社。

このRed Baron、1983年創業。昨年のオーストラリア版Bachelor(恋愛リアリティTV)でメインの男性Mattと候補の女性が一緒にアクロバット飛行体験をする、というデートの撮影に協力をしています。

使用機体

  • ドイツのエクストラ社製330LX
  • アメリカ人飛行設計者カーティス・ピッツがデザインしたピッツ・スペシャルS-2A

どちらも曲芸飛行、競技飛行に人気の機体。実物を見ると、意外と小さいことに驚く人が多いかもしれません。

小さくても高性能、エクストラのトップスピードは驚きの時速400㎞…!

日本だとレッドブル・エアレースで年間総合優勝に輝いたパイロット、室谷義秀氏もエクストラに乗られています。

日本では乗る機会がほどんど乗る機会がない曲芸用の小型飛行機の体験フライト。

Red Baronではどれくらい激しいアクロバットをしたいか(マイルド~VIPアルティメットまで4段階)を選べます。

Red Baron公式英語サイトを見る

のんびりした雰囲気のCamden Airport

ピッツスペシャル
ピッツスペシャル 出典:https://curtisaviation.com.au/

大型プライベートジェットや、パイロット養成学校の小型機で賑わうBankstownと違い、静かなCamden空港。シドニー中心地からちょっと遠め。

ここのCurtis Aviationでもアクロバット飛行体験ができます。

Curtis Aviationは本来パイロット養成学校。他の学校と違ってテールドラッガーで操縦士免許が取れるのが特徴です。

テールドラッガーは機体の先端が上に、機体後方が地面に近い旧式のデザイン。

まっすぐ進行方向を見られる新しい機体に比べ、地上での操作の難易度がとっても高め。

難しいテールドラッガーで1から操縦を学ぶことで、よりスキルレベルの高いパイロットが養成可能

大手養成効にはない魅力です。ただ、レッスン料が高いのがデメリット

そんな操作難易度の高い機体で操縦を教えている経験豊富なインストラクター達がお試しフライトに連れていってくれます。

インスタグラムの機体はRed Baronと同じピッツ・スペシャル。他にはアメリカのベランカ製、シタブリアもトライアルフライトに使用されるとのこと。

ピッツでの30分の飛行(Joy Flight)は250ドル。

日本円で18000円ほどなので、思ったよりお手頃でアクロバット飛行体験が可能です。

Curtis Aviation公式英語サイトを見る

実際にアクロバット飛行体験をしてみた感想

オーストラリア カムデン空港 遊覧飛行
Camden Airportからの景色

小心者なので、アクロバットと言っても、基本中の基本のすごーーーーーく優しい、負担の少ないフライトにしてもらいました。

  • 意外とジェットコースターより安心
  • ジェットコースターが落ちる瞬間の胃がひゅんってなる感覚がない
  • でも重力は感じる(2Gだったらしい)
  • 見られる景色がキレイ
  • 酔い止め飲んで行って正解

それでも2G、自分の体重が2倍になった感覚なので全身にズシッと来ます。

旅客機が離陸する時のGが0.3~0.5位。それよりずっと大きな重力で下に引っ張られたので、頬肉の垂れ具合がやばかったんじゃないかと思っています(笑)

最中は景色も楽しめるし、スリリングで楽しいんですけど、あとからじわっと酔いが来ました。写真をたくさん撮ろうとスマホの画面を見てたからかな?

ココが安心ポイント

  • トレーニングされたパイロットなので安心
  • ジェットコースターと違ってレールがない
  • ある程度パイロットがコントロール可能
  • 周りに障害物もない

ジェットコースターは壊れて止まるだけならともなく、レールから外れたら取り返しがつきません。その点、飛行機はパイロットがコントロール可能。

と言う訳で、ジェットコースター嫌いの私でも安心してフライトに行けました。

シドニー以外でもアクロバット飛行体験ができる

オーストラリア全土でアクロバット飛行の体験ができます。機体はピッツのような小さなものから戦闘機までさまざま。

こんな人におすすめ

  • スカイダイビングは経験済
  • もっとスリリングで特別な体験がしたい
  • 自慢・話のネタが欲しい

この記事で紹介した場所

シドニー以外で探すならオーストラリアのツアー会社、Adrenalineで探してみましょう。オーストラリアとニュージーランド全土のアクロバット飛行をはじめスリリングなツアーを多く扱っています。

ホリデーや週末に何かアクティビティーを探している方、アクロバット飛行を検討してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光情報, ニューサウスウェールズ州
-,

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5