オーストラリア生活情報

オーストラリアでたこ焼き器が欲しいなら、タイガーの卓上調理器が最適。

たこ焼き オーストラリア
ほしこ

日本文化にあまり馴染みがないパートナーに、少しずつ日本の食文化に親しみを持って貰いたくて考えました。お好み焼きも気に入ってもらえたし、焼きそばも好評。ソースの味が好きなら次はやっぱりたこ焼きでしょう!

リサーチをした結果、オーストラリアで「たこ焼き器」として使えるのは時々スーパーやBIGWなんかで売ってるらしい「ダッチパンケーキメーカー」

見た目はたこ焼き器そのもの。オランダ風パンケーキを作る用のホットプレートらしいです。

らしい、と言うのは店舗に探しに行ってみたけど全く見つけられなかったので、実物を見たことがないのです。

次にチェックしたのがAmazon.com.au。ここで日本の某メーカー製のものを購入、すぐに配送されました。

到着した箱を開けてびっくり。なんとコンセントが日本のまま!説明書には【Use only In Japan】の文字。

Amazonオーストラリアで売ってるからにはオーストラリアに対応した製品だろうと勝手に思っていましたが、そんなことないんですね…。確認ミスです。

キッチン家電用の変圧器を追加で買わないと使えないし、どの変圧器を買っていいか分からなかったので、残念ながら返品しました。

Amazonオーストラリアで日本製の家電を買う時は要確認です。

オーストラリアでやっと見つけたタイガーの卓上調理器

出典:Bing Lee(https://www.binglee.com.au/)

タイガーの「 CRL-A30A - ELECTRIC SKILLET」Bing Leeというオーストラリアの家電量販店で購入しました。このお店はたこ焼きの他にも、パナソニックやタイガーの炊飯器も取り扱っています。

オンラインで注文した場合、配送も、店舗でピックアップも可能。シドニーはBankstownとHurstvilleに店舗があります。

この卓上調理器は229ドルとちょっと高額。

たこ焼き器の他に、焼き肉用プレートと鍋用プレートがついています。火力は4段階で調整可能。

自宅で鍋も焼き肉もしたことのない彼にぴったり!シドニーの冬は鍋で乗り切ろうという考えで即決しました。

オーストラリアの家電量販店ってことで、ちゃんとオーストラリアで使える仕様になっています。

商品はこちら>>TIGER - CRL-A30A - ELECTRIC SKILLET

変わり種でたこ焼きを楽しむ

直前になって「タコは知能が高いから食べるのは申し訳ない」という理由で彼がタコが食べられないことが判明。マジか…

スーパーでもちょうどいい茹でタコが売っていなかったので、オーストラリアで作る初のたこ焼きはまさかのタコ抜き(笑)

タコの代わりの具材はこの通り。ソースや粉はアジアングローサリーで買いました。

  • ウィンナー
  • エビ
  • 切り餅
  • マヨコーン
  • イカ
  • カマンベールチーズ

個人的にはカマンベールチーズがお気に入り。彼はウィンナーが気に入った様子。

天かすと紅ショウガも手に入らなかったので、次回はちゃんと材料揃えてやりたいと思います。

料理しながら食べる、というのがそもそも彼の初体験。慣れない手つきでたこ焼きをくるくるしてるのが可愛かったです(笑)

たこ焼き器でできること

  • ひとくちパンケーキ
  • アヒージョ
  • チーズフォンデュ

シドニーの冬を鍋で乗り切る

タイガー 卓上調理器
寒い冬にはやっぱり鍋で

同じ卓上調理器でキムチ鍋もやりました。寒い日はやっぱりお鍋ですよね。美味しかった。

アジアンスーパーで豆苗、しめじ、薄切り牛、冷凍うどん、キムチ鍋の素をゲット。ネギや白菜は近所のコールスで買いました。鍋の素も色んな味がアジアンスーパーで手に入るのでとっても便利。

大きさとしては2人で食べきるにはちょっと大き目、たくさん食べる人ならちょうどいいくらいです。

友達呼んで4人とかでがっつり食べたいってなったらちょっと小さいかも。ちびちび食べていくなら十分なサイズだと思います。

年末にはこれですき焼きでもやってみようかと思っています。焼き肉もやったので、この調理器は我が家で大活躍しています。買って良かった!

炊飯器も買うんだったら日本製が安心

BIGWで売ってる安い炊飯器を使っているんですが、正直使い辛いです。

安い炊飯器のココがダメ

  • 吹きこぼれがが激しい
  • すぐ炊けるけど芯が残る
  • お米が釜に焦げ付く
  • 炊飯器ケーキが焼けない

バナナの炊飯器ケーキが作ってみたくて試した結果、底に敷いたバナナは黒焦げでガリガリ(完全に炭化w

なのに生地の真ん中にはほどんど火が通らないという大参事。さらに、バナナの焦げ付いた釜の掃除にものすごい時間がかかりました。

オーストラリアは短期間滞在、お米にも特にこだわりがないなら20ドルくらいの安物で充分です。

が、長く住んで美味しいお米が食べたい、炊飯器ケーキとかお米じゃない料理を作りたいなら、炊飯器はやっぱり日本メーカーのものが安心の高品質です。安いのだったら150ドル以下で買えます。

Bing Leeで炊飯器を見る

日本に帰れない時、日本の味をおうちで楽しもう

次にいつ日本に帰れるか分からない長期滞在組、日本の食文化をオーストラリアでできた友達に知って欲しい、そんな時に1台あると便利な卓上調理器。

友達とワイワイしながらたこ焼きすれば、話も弾むこと間違いなし!

暖かいクイーンズランド暮らしが長かったせいか、シドニーの冬がホントに堪えるんです。

そんな時に熱々の鍋や焼き肉が出来ると、ほっと身体が緩む気がします。レストランで鍋を注文するとお値段も高めですし。

もちろん好きでオーストラリアに住んでますが、やっぱり時々、母国の味は恋しくなります。ホームシックになる前に、おうちで日本の味を再現しましょう♡

私が買った商品はこちら>>TIGER - CRL-A30A - ELECTRIC SKILLET

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア生活情報
-

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5