オーストラリア観光情報 クイーンズランド州

【ハミルトン島】快適に観光するにはゴルフカートが効率的。

ハミルトン島 ハートリーフ

ハネムーンに大人気、ハートリーフにもホワイトヘブンビーチにも行けるハミルトン島。

そんなに大きい島じゃないし、無料のシャトルバスも出てるし、観光も余裕でしょ!と思ってるアナタ。

ハミルトン島って坂が多いんです!しかも急勾配!歩くのは体力使うし、時間もかかるし非効率的!

トロピカルな島、北クイーンズランドのきつーい日差しの中、汗だくになって急な坂を歩くのはナンセンス。無料のシャトルバスは待ち時間も長いし、時間通りに来ないことも。日本の公共交通機関のようには行きません。

島に着いたらゴルフカートをレンタルしに行きましょう。日本ではゴルフ場でしか見かけないようなこの乗り物が島でベストの交通手段。元島住民の私が、バギーの魅力を解説します。

ハミルトン島 ゴルフバギー
バギーのメリット

  • バスが行かない場所にも簡単に行ける
  • 自分のペースで観光できる
  • 島は坂が多いので歩くより楽
  • 小回りがきく
  • 乗ってて楽しい
  • 日本の自動車運転免許で借りられる
  • 買い物しても運ぶのが楽

借りる場所と値段

島の中心地、リーフビューホテルの正面の通り沿いバギーハイヤーショップにあります。コアラを抱っこできる動物園のすぐ横、外にバギーがたくさん停めてあるのですぐに分かります。

カウンターでは日本の自動車運転免許の提出を求められるので、忘れないように。

利用料金は下記の通り。24時間借りた方がお得です。

$59 2 時間
$694時間
$70夜間(午後3時から午前9時)
$8724時間

但し、ホリデーホーム、ヨットクラブ・ヴィラ、クオリアに滞在の場合は無料で貸し出ししています

バギーを借りるにあたって注意事項

車と同じなので、飲酒運転は絶対に禁止です。

スピードは出ませんが、道路を外れてバギーごと崖に落ちたり、バギー同士の事故で大怪我した人も。車と同じく、注意して運転しましょう。

運転方法は簡単、車と同じく向かって右のべダルがアクセル、左がブレーキ。駐車の際は、ブレーキペダルの上部にある小さなペダルがハンドブレーキの役割を果たします。

運転の仕方は、貸し出しの時に簡単なレクチャーがあるので安心です。

クオリアやビーチクラブに滞在すると、頼めば専用車で送迎をしてくれます。観光は気楽にバギーで楽しんで、夜レストランでお酒を楽しんだ後は、スタッフに送迎を依頼しましょう。

4人乗りで、4歳以下のお子様はチャイルドシートが必須です。別途$4ドルで貸し出ししています。

バギーで行くオススメ場所

ハミルトン島 ワンツリーヒル
photo by hosico

キャッツアイビーチやリゾートを見下ろせるワンツリーヒル。ここで夕日を見ながら芝生で寝ころんでのんびり過ごします。夜に行くとキレイな星空が見えます。

ワンツリーヒルからクオリアに向かって坂を下りていくのも気持ち良いドライブです。バスと違って風を感じられるのもバギーの大きな魅力。

ハミルトン島自体はバギーがあれば半日で見て回れるほどの広さ。到着後にまずはバギーを借りて島中を観光、どこに何があるか把握するとその後、効率良く移動・観光できるかと思います。

ハミルトン島に住んでいる間に遊びに来てくれた友達は全員ゴルフバギーで島中を案内しました。短い期間しか島にいない時に便利。せっかくの時間をバス待ちで無駄にするのは時間がもったいないので。

長期間の滞在で体力があるならバギーを借りずに徒歩でOKです。

ハミルトン島公式日本語サイトはこちら

私が友達を案内したコース

オーストラリア ハミルトン島
photo by hosico

初日①到着便に合わせて私がバギーを借りて空港にお迎え(24時間レンタル)

初日②ホテルにチェックイン

初日③バギーでホテル→島観光(キャッツアイビーチ、プール、メインストリート、ワンツリーヒル、クオリア、メインストリートで晩御飯、ホテル)

2日目①朝一で私がホテルまで迎えに行き、ワイルドワイフパークでコアラを抱っこして朝ごはん。(7時から10時営業)

2日目②ハミルトンアイランドエアー社の水上飛行機ツアーでホワイトヘブンビーチに滞在、ハートリーフへも遊覧飛行(約3時間)、その後バギー返却。

2日目③バギーショップからキャッツアイビーチで徒歩移動(数分)、シュノーケリング。

2日目④シュノーケリング後、ホテルに戻って着替え、休憩して夕日を見るセーリングツアーに参加(メインストリートまでは無料バス使用)

2日目④ツアー後にそのままメインストリートで晩ご飯、無料バスで帰宅

3日目①セールズでビュッフェ形式朝ごはん、プールでのんびりしてからホテルをチェックアウト

3日目②ホテルから空港までの送迎バスに乗車、無事に搭乗

ハミルトン島をたった2泊3日で無事にあますことなく満喫できたのは、バギーがあった他、天気が抜群に良かったから。

天気が悪い場合、ツアーが翌日に延期になったりして予定が総崩れになることも。ハミルトン島へ行く時は良い季節を狙う必要あり

グレートバリアリーフでシュノーケリングがしたい場合のボートツアーは丸1日必要です。更に念のため、天気が悪いことを考慮して、3泊しても良いと思います。

行きたい場所、やりたいことをピックアップして自分にぴったりなスケジュールを組みましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光情報, クイーンズランド州
-, ,

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5