オーストラリア観光情報 クイーンズランド州

元島民が教える!ハミルトン島のホテル5選

ハミルトン島 ホテル

オーストラリアの人気リゾートアイランド。島のツアーも大事だけど、滞在するホテルもせっかくだからぴったりなホテルを選びたいですよね!

ハミルトン島でのホテル決めに悩んでいる方向けに、元島民の私が島の定番ホテルを5つ紹介します。

ハミルトン島の地図に番号を付けたので、その順番に解説していきます。

空港の北(上)部分、赤い丸で囲まれた部分がハミルトン島マリーナ。レストランやカフェやショップが並ぶメインストリート。フェリーやボートの発着場があるのもこのマリーナです。

そもそも小さな島だし、無料シャトルバスが運行しているのでどこに泊まっても「観光に不便!」となることはありません。

①qualia(クオリア)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by qualia (@qualiaresort)

島の北の先端にあるのがqualia。世界的にも有名な、島の誇る5つ星リゾートです。qualia公式サイトはこちら>>https://www.qualia.com.au/

ラグジュアリーリゾート、ということで16歳以下は宿泊できません。

ハネムーンのカップルに大人気。私の高校時代の友達もハネムーンでクオリア宿泊予定でした(コロナでキャンセルになったけど…)

世界各国の有名人・芸能人もよく滞在するホテルです。お値段なんと1泊1300ドル以上!

  • 専用車での空港送迎付き
  • 朝食付き
  • コンシェルジュがレストランやアクティビティの予約をしてくれる
  • 部屋からの眺めが抜群
  • プライベートビーチ&プール付き
  • 専用のヘリパッド付き
  • ゴルフバギー付き
  • 無料Wifi

ハートリーフや、ホワイトヘブンビーチへのヘリコプターツアーに参加の場合、なんとヘリコプターがホテルまで迎えに来てくれます。さすが高級リゾートって感じがしますよね!(笑)

プライベートリゾート、ということで他のホテルから大分距離があります。ゴルフバギーもあるし、お願いすれば送迎もしてくれるし、無料シャトルバスも通ってるので移動に困ることはありません。

夕焼けスポットOne Three Hill(ワンツリーヒル)までは歩けますが、結構な坂なのでバギーで行った方が楽ちんです。

②Beach Club(ビーチクラブ)

ハミルトン島のメインビーチ、キャッツアイビーチのど真ん中にあるのがビーチクラブ。

このビーチクラブも大人のリゾート、ということで18歳以下の滞在は不可。ハネムーンのゲストが多かったです。

  • 専用車での空港送迎付き
  • コンシェルジュがレストランやアクティビティの予約をしてくれる
  • メインビーチに近い
  • カヤック、パドルボード、シュノーケリングなどの道具貸し出し
  • 無料Wifi

ちなみに、ビーチクラブは「ご飯がすごく美味しい」という声をよく聞きました(笑)

船やヘリコプターで沖まで行かなくても、キャッツアイビーチでもシュノーケリングが楽しめます。珊瑚も見られるし、運が良ければウミガメに遭遇することも!

滞在中はクオリアと同じくゲストサービススタッフが専用車で島中送迎してくれます。ただ、ゴルフバギーのショップがすぐ横にあるので、自分で運転したい方はバギーレンタルも楽しいかと思います。

③Palm Bungalow(パームバンガロー)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Hamilton Island Official (@hamiltonisland)

一つ一つが独立したコテージ風になっているのがパームバンガロー。チェックインはすぐ隣のリーフビューホテルでします。

彼の両親がハミルトン島に遊びに来たときはここに宿泊していました。

ビーチやプールにも近いし、静かだし、のんびりと隠れ家リゾート感が味わいたい方におすすめ。

ちなみに部屋から海は見えません。ハミルトン島に来たからには絶対にオーシャンビューが良い!という方は他のホテルにしましょう。

ハミルトン島公式サイトを見る(日本語)

④Reefview Hotel(リーフビューホテル)

規模が大きく、クオリアやビーチクラブほど高額でもありません。一番利用者の多いホテルです。

高層階まであるし、朝食はビュッフェスタイルなので一般的なホテルのイメージがぴったり。

  • 家族・団体客にも人気
  • 日本語を話せるスタッフがいる
  • キャッツアイビーチに近い
  • プール付き

日本語スタッフがいるのが一番の安心ポイントですよね。

ホテルの1階にあるレストラン、プールテラスにはディナーで何度が行きました。とっても美味しいモダンオーストラリア料理です。

ゴルフバギーを手配しなくても、ホテルの正面に無料シャトルバスが停まるので移動に困ることはないかと思います。

ハミルトン島公式サイトを見る(日本語)

⑤Whitsunday Apartment(ウィットサンデーアパートメント)

リーフビューホテルのお隣、ウィットサンデーアパートメント。

私も泊まった事があるし、友達が島に遊びに来てくれた時は、ここに宿泊していました。窓からの景色も◎

アパートメント、ということで他と比べてお手頃価格でしかもキッチン付き。島にはスーパー(IGA)があるので、自分で買い出しして料理をすることができます。

  • お手頃価格
  • プール付き
  • キャッツアイビーチに近い
  • バルコニーからの景色が良い

部屋によっては寝室が複数あるので、友達グループで泊まるのに良いかと思います。ただし、無料Wifiは1階ロビーでしか使えません。

このウィットサンデーアパートメントの正面にも無料シャトルバスが停まります。

ハミルトン島公式サイトを見る(日本語)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光情報, クイーンズランド州
-

© 2021 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5