オーストラリア観光情報 クイーンズランド州

ウィットサンデー諸島もう1つの人気リゾート、デイドリーム島って?

国立公園に指定され、ほとんど手付かずの自然が残るウィットサンデー諸島。

その中でハミルトン島、ヘイマン島と同じくリゾート開発された小さな島、デイドリーム島リゾート(Daydream Island Resort)の紹介をしたいと思います。

この島も2017年3月の超大型サイクロンで壊滅的なダメージを受けましたが、翌年の大規模な改修工事の末、新しいリゾートが2019年4月にオープンしました。

前まではちょと使い古された感のあるリゾートだったんですが、一転、モダンでスタイリッシュなリゾートへと見事な大変身!

更に有名シェフの監修で、レストランでの食事のクオリティがとても向上したとのこと。

デイドリーム島へのアクセス方法は?

ハミルトン島と本土エアリービーチの2カ所からクルーズウィットサンデー社がフェリーを出しています。

もしくは、ヘリコプターでの移動。ハミルトン島からも本土からも約5分のフライトで着きますが、割高な上にヘリコプターに乗らない大きいスーツケースだけ船で移動、後からピックアップ…なんて面倒だし、心配なことになるので、正直オススメしていません。

小さい島なので、日帰りでも十分楽しめるかと思います。ホテルを取った後は、忘れずにフェリーのチケットも予約しましょう。

デイドリーム島の見どころは?

ウィットサンデー諸島の中でこの島にしかない見所、リビングリーフ(Living Reef)

何かと言うと、グレートバリアリーフの環境を再現した周囲約200m、水量150万リットル以上の巨大ビオトープ(人工池)です。

海洋学者の監修の元、グレートバリアリーフの生態系を見事に再現。グレートバリアリーフで見られる80種以上の珊瑚礁の他、100種類を越える海洋生物がこの人工池に生息しています。

船で2時間かけて沖まで出ていかなくても、ここで手軽にシュノーケリング体験やエイ、熱帯魚に餌付けができます。夜間のシュノーケリングツアーのオプションも。

リゾートの中には大きなプールと、プールの傍にはバーも併設。カクテルを飲みながらのんびり過ごす、とっても贅沢な時間を満喫できます。

リゾート滞在のお値段は?

基本的にウィットサンデー諸島のリゾート価格帯してはヘイマン島>ハミルトン島≧デイドリーム島>エアリービーチです。

2020年7月で2名で1部屋1泊が朝食付き375豪ドル~なので、ハミルトン島のウィットサンデーアパートメントよりは高額です。

まとめ

他の島と比べて知名度の低いデイドリーム島。

折角ウィットサンデー周辺に遊びに行くなら、ちょっと足を伸ばしてこのリニューアルオープンした隠れ家リゾートに行ってみてはいかがでしょう?

デイドリーム島公式ページはこちらから。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光情報, クイーンズランド州
-, ,

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5