ワーキングホリデー 就職活動 英語学習

【ワーホリ準備5選】新型コロナで出発が延期になってる今のうちにできること。

新型コロナウィルスのせいで、予定していた出発日が大幅に遅れ、正直いつ出発できるか分からなくて不安な人も多いかと思います。

「ほんとは今頃オーストラリアで働いてたのに…」なんていつまでもがっかりしても仕方ありません。

気を取り直して、よりよい海外生活になるように入念に準備して行きましょう!

  • この記事のテーマ:より充実したワーホリにするために、日本でできる準備

これからワーホリへの出発を控えている方へ向けて、私が実際にやった事、やらずに後悔したことをもとに日本で出来る海外生活準備を紹介します。

オーストラリアでやりたいこと・やらないことを明確にしておく

やりたいことはもちろんなんですが、これだけは絶対にしない!という事を明確にしておくことがとっても重要

私の場合はやりたいことは2つ、やらないことは4ありました。

  • オーストラリアでしかできないことをする
  • 貯金して、日本に帰る前に海外旅行をする
  • ファームには行かない
  • 違法の低賃金では働かない
  • 日系の飲食店で働かない
  • ドラッグに手を出さない

友達からの誘いに乗るか、どの求人に応募するか迷った時の行動指針になります。

私はあんまり細かく決めなくても大丈夫でした。これだけは絶対に譲れない!と思うものだけ、意識していました。

それでも迷ったら、面白そうかどうかで決めました。初めての経験ほど面白いものはないと思います。

英語力は伸ばしておいて損はない

現地で語学学校に通うだけじゃ駄目ですか?

私はTOEIC900点を越えた状態でオーストラリアに来ていますが、それでも英語には苦労しました。6年目の今でも、何言ってるか分からない事もあります。英語の伸びしろは無限大!日本にいるうちに伸ばせるだけ伸ばしておくと、オーストラリアでの仕事のチャンスが増えますよ!

ほしこ

はい、英語力は無くても仕事は見つかります。でも、英語力があれば、仕事が選べます。

時給$10とか違法な低賃金で働かなくても、ローカルの職場で、現地の人が稼ぐのと同じ額を稼いで、スーパーアニュエーション(日本でいう年金)を払ってもらえる仕事が見つかるチャンスが増えます。

海外に行ってまでブラック企業で働く必要ありません

オーストラリアの最低賃金は世界でも最高額。その恩恵を受けられるように、今のうちからきっちり勉強しておきましょう。

事務職より接客業の求人の方が圧倒的に多いので、リーディング・ライティング力よりピーキング、リスニング力重視たくさん英語を聞いて、真似をしてみましょう。いわゆるシャドーイングってやつです。

映画を見るもよし、ネットフリックスでもYoutubeでも良いと思います。最近はオンライン講座もたくさんあります。

自分にあった方法で、のうちから英語力を磨いておきましょう。絶対にマイナスにはなりません。

英文のレジュメとカバーレターの準備

レジュメは履歴書、カバーレターは志望理由書です。

私はやらずに行って後悔しました。意外と時間がかかるんです。

ただ、日本と違って毎度手書きで作成、なんて効率悪いことはしないので、ワードで作ってPDFで送信します。

日本で作っていって、語学学校の先生に添削してもらうのが良いと思います。語学学校に通わない予定で、頼れる人も見つけられるか分からないなら、それこそ早めに始めましょう。

レジュメとカバーレターがちゃんとできていないと、面接にすら辿り着けません。送っても「受け取りました」の返信すらなかったことも多々。自分の良さが伝えられるようなレジュメを作りましょう。

日本語でアドバイスが欲しい場合、ココナラ なんかで添削をお願いするのも賢い方法だと思います。

関連記事【オーストラリア版】レジュメ配りは効率悪い!ワーホリの仕事の探し方。

自分に関わる写真を撮って、英語で説明を考えておく

これもやらずに行きました。後悔。友達やホストファミリーとの話のネタになります。

スマホに保存してあるのは最近の写真ばっかり+携帯壊れてデータが吹き飛ぶ可能性があるので、私はグーグルフォトに保存しています。

おすすめ写真

  • 家族、ペット
  • 自宅
  • 通ってた学校
  • 子供の頃の写真
  • 自分の趣味に関係するもの
  • 今まで行った旅行先
  • おすすめの日本食

説明できる英語も勉強しておきましょう。自分を知ってもらえる良いチャンスです!

日本のクレジットカードを作っておく

日本で仕事を辞めるとクレジットカード作れなくなると聞いて、慌てて作りました。作っておいて正解。

私は楽天プレミアムカードを持っています。年会費は11,000円。

本来の申し込み費用は429米ドルのプライオリティパスに無料で申し込めることのが大きな魅力。

無料で申し込めるプライオリティパスの魅力

  • 無料で空港ラウンジ滞在できる
  • ラウンジでは飲み放題、食べ放題
  • 場所によってはシャワーや仮眠室も利用可能
  • スタッフが常にいるので安心
  • 世界各地1300の空港で利用可能
  • オーストラリアはシドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、ゴールドコースト、ダーウィンで利用可能

シドニー空港では国際線、国内線合わせて9箇所のレストランで1軒につき$36分の飲食が無料になります。

つまり、無料で利用可能なレストランを巡って空港グルメを楽しめるということ!

ワーホリでガッツリ働いて貯金したお金で海外旅行に行った時も使いました。航空券を安くしようとするとやたら乗り継ぎ時間が長くなりがちなので、ラウンジは重宝します。

より充実したワーホリ生活にするために

  • 行動指針になるようにやりたいこと、やらないことを決めておく
  • より良い仕事をゲットするためにスピーキング、リスニング中心に英語力を上げておく
  • すぐ就職活動できるようにレジュメとカバーレターを作っておく
  • 友達との話のネタになるような自分に関わる写真を撮っておく
  • 日本のクレジットカードを作っておく

出発が遅れた今のうちにやっておけることもあります。特に英語の勉強はやりすぎること絶対にありません。

実り多く、充実したワーホリ生活にするために日本にいるうちからしっかり準備をしておきましょう。

1年後、2年後の自分の成長ぶりは、自分の努力次第です思い切って行って良かったと思えるような経験ができるといいですね。

この記事で紹介したサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-ワーキングホリデー, 就職活動, 英語学習
-

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5