就職活動

【オーストラリア版】レジュメ配りは効率悪い!ワーホリの仕事の探し方。

就職活動

ワーホリの仕事探しってどうしたら良いんでしょうか?オーストラリアはお給料が高いから、たくさん貯金が出来るって聞いたんですけど、本当ですか?でも1軒1軒レジュメを配って回るのは大変そう。せっかくだから、英語をたくさん使う環境で、楽しく働きたいんですけど・・・

こういった疑問をお持ちの、これからワーホリでオーストラリアに来る事に決めている方向けの記事です。

この記事のテーマ

  • オーストラリアでのワーキングホリデー向けの仕事の探し方

この記事を読むことで、多くのワーホリ参加者が苦労する仕事探しの方法が明確になります。

私もワーホリを始めた頃、仕事探しにはかなり迷走。仕事が長期間見つからないストレスや不安も身を持って感じました。

より効率の良く仕事を探し、実りの多いワーキングホリデー生活を送りたい方の助けになるように記事を書いていきます。

どんな仕事をしたいかを明確にする

ワーホリビザで採用される仕事

  • 飲食店ウェイトスタッフ
  • ホテルのレセプション、清掃スタッフ
  • 日本人向けツアーガイド
  • ファーム
  • 精肉工場
  • 住み込みのオーペア
  • 工事現場のアシスタント

選べる仕事に限りがあるのはワーキングホリデービザに「原則として同じ雇用主のもとで6か月しか働いてはいけない」と言う規則があるから。

「せっかくトレーニングしても6ヶ月しか働いてもらえないのはちょと…」ためらう企業は多いです。

オーペアは例外として6か月以上の勤務が認められています。雇用主が特別に申請すれば許可される場合もあるので、半年以上働きたい場合は雇用主に相談しましょう。

悪徳ジャパレスに注意

よく聞くのは日本食レストランのウェイトスタッフ。

英語があまり得意じゃない多くの日本人が最初の就職先に日本食レストランで働くのはよくあります。

日本食レストラン(通称ジャパレス)の問題は、法律で決められた最低賃金を下回る給料で採用されるケースが多いこと。

銀行口座に給与振り込みをすると記録が残り違法行為がバレてしまうので、お給料は現金手渡し。日本で言う年金に当たる「スーパーアニュエーション」ももちろん支払われません。面接後のトライアル期間は完全無給で働かされた、なんて話も多数。

英語ができないばっかりに他で仕事が見つからない日本人ワーホリを在住日本人が搾取する、という構図は残念ながら昔から多いです。

搾取されない方法は1つ、早いうちに英語力を磨いておきましょう。英語力の向上で、就職先を選べるようになります。

オーストラリアに来てまでブラック企業で働く必要ありません。ちゃんと合法の賃金が払われる場所で働きましょう。

オーストラリアの観光名所で働く

ホテルスタッフやガイドの仕事の魅力は、「オーストラリアの人気観光地」での勤務であること。

せっかくオーストラリアまで来たから、オーストラリアらしいことがしたい!と思ってる方に最適。

具体的にはエアーズロックやエアリービーチ、ハミルトン島、ヘイマン島をはじめとする人気のリゾートアイランドなんかですね。

公式サイトを確認すると求人が出ていることが多いです。

日本人のお客さん相手の仕事ですが、同僚は全員オーストラリア人なので英語必須。

私がワーホリ中に働いていたのはこのタイプです。

セカンドビザを取れる仕事

ワーホリの中には接客業が嫌い、人と関わる仕事からちょっと離れたい、そんな人も多数。そんな時に行くのが地方のファームや精肉工場。セカンドビザ取得もできて、一石二鳥。

ファーム生活が好きすぎてワーホリの2年をファームだけで過ごした友人もいます。

最近だと森林火災の復興作業関係でもセカンドビザが出ます。

意外と穴場なのが、いわゆる日本ではブルーカラーと呼ばれる仕事。電気工事、大工、庭師、工事現場などの肉体労働ですね。

日本では低賃金だと思われがちなこういった仕事、オーストラリアでは正反対。とってもいいお給料が支払われます。

セカンドビザが取れるだけでなく、スキルを買われてビザのスポンサーをしてもらえる可能性もあるので日本で経験がある方は、こういった仕事を狙って行くのも手だと思います。

人気記事【オーストラリア移住】ワーホリビザから永住権取得を最短でゲットした方法。

ワーホリはネットで求人広告を見つけて応募するのが効率的

仕事探し

オーストラリアでの就職活動は日本と同じくネットからの応募がメイン。

日本人向け求人を日本語で探すなら

ワーホリ向け求人を英語で探すなら

Backpacker Job Boardはワーホリ向けのあらゆる仕事を幅広くカバーしています。

ローカルの仕事、セカンドビザが取れる仕事を探すならこのサイトが最適。お給料も明記してあるところが多いです。

SEEK、Joraの求人の多くは市民権、永住権を持っている人向けです。が、キーワードに「Working Holiday Visa」と入力して検索するとワーホリでも応募できる求人広告が出てきます。

企業ホームページからの応募も有効

もし絶対に働きたい企業が決まっているなら、その企業のサイトからレジュメを送ってみましょう。

ほとんどの企業がサイトに「Career」という項目を作っているので、そこから応募できます。

求人を公開していなくても、タイミングがあえば就職につながります。私が今まで働いていたどの企業でも、この方法で採用になった人がいました。

レジュメ配りはとっても非効率的

プリントアウトしたレジュメを配って回るのが、熱心さが伝わって有効って聞いたんですけど、やった方がいいですか?

私もそう聞いて、実際にやりました。

ブリスベンのシェアハウスから徒歩圏内のあらゆる飲食店にレジュメを配り歩くこと丸1ヶ月。「熱心さが伝わる」と信じて同じお店にも何度も通いました。

レジュメ配りの結果

  • 面接数ゼロ
  • 電話かかってきた回数ゼロ
  • マネージャーに会えた回数ゼロ

ちなみにこの時の英語力はTOEIC900点以上、IELTSも平均6.5ありました。

やっても全く効果がないので、ストレスになるだけ。さらには時間もレジュメのプリントアウト代も無駄。

この間にネットで見つけた求人広告から応募したホテルの受付や語学学校の事務アシスタントの仕事は面接まで行ったし、最終的に採用になった企業も日豪プレスから応募しました。

早く仕事が欲しいなら、「求人を出している=確実に需要がある」場所を狙った方が効率的です。

ワーホリ向け有給インターンシップへの参加は不要

就活にかかる時間が節約できると思うと考えちゃいますよね。私も実際に考えました。

ほしこ

よく考えたら私が働く側なのに、何でお金を払わなきゃいけないの?

そう思って応募せず。

高額の参加費を払ってインターンで仕事をしている人達にも会いましたが、英語力もないらしく、ハウスキーピングやお皿洗いの仕事がメイン。果たしてお金払ってまでしたい仕事なのか…

どうしても人気リゾート地で働きたかったら、インターンを申し込む前にまずは公式サイトやの求人広告から応募しましょう。

さっき紹介した英語の求人サイトから場所(Location)指定で検索できるし、Googleで「働きたい場所 job」で検索しても良いと思います。

求人を読めるくらいの英語力は身に着けておきたいですね。高額の参加費を払わずに仕事がゲットできる可能性もあるし、早いうちに英語を勉強しておいて絶対に損はありません。

悪徳ジャパレスと同じく、英語ができないからって搾取されることにならないように気をつけましょう。

人気記事【英語学習】Kindleで洋書が簡単に読めるようになる理由【コスパ最高】

ワーホリ開始前からレジュメは作り込んでおく

就職活動に欠かせないのがレジュメ(履歴書)とカバーレター(志望理由書)。

メールで応募する際はカバーレターを本文に書き、レジュメをPDFで添付するのが一般的です。カバーレターは相手によって内容を変えましょう。

カバーレターには主に「自分のどんな経験が、どんな風に相手の役に立つか」「なぜ自分がそのポジションにふさわしいのか」という事を書いていきます。

「働きたいです!」だけでは採用されないどころか、添付のレジュメすら見てもらえません。

レジュメは相手によって変える必要がないので、日本にいるうちから準備しておきましょう。

自分の語学力に自信が無かったら、ネットでテンプレートを探すのもありです。

有料でも良いならココナラなどでプロの添削を受けると良いと思います。レジュメの作成も、カバーレターの添削も手伝ってもらえます。

これでインターンシップの高額な参加費を払わなくて済み、ローカル企業での採用の可能性が上がるなら、とってもコスパが良いですよね。

ワーホリ中に英語力が1番伸びるのは職場

現地で彼氏・彼女を作るより、語学学校へ通うより、英語環境で働くことで英語力は圧倒的に伸びます。

自分の事を好いてくれるパートナーや友達、優しい先生達とは違って簡単に甘えられないのがお客さんや上司。

同僚には頼れるけど、だからって周りに頼りすぎてチームの足をひっぱったら容赦なくクビになります。

そんな環境で毎日必死に働くうちに英語力は伸び、周りからの評価・信頼が得られるように。それに合わせて仕事もだんだん楽しくなっていくし、お給料も上がるかもしれません。

私の場合、今までで一番楽しく働けたのはワーホリ中に見つけた仕事だし、その企業からスポンサーももらって永住権も取れました。

生き生きと働ける職場で働けるように準備は早めにしておきましょう。

オーストラリアでのワーホリ向け仕事探しまとめ

  • やりたい仕事を明確にする
  • 求人広告をネットで見つけて応募が王道
  • レジュメ配りは効率が悪い
  • 有給インターン参加前に自分で企業へ直接応募してみる
  • レジュメ、カバーレターは添削してもらうのも有効
  • 英語力は伸ばしておいて絶対に損はしない

法律で定められたお給料でフルタイムで働けば貯金はしっかりできるはずです。

例えば時給20ドル×8時間×5日=週800ドル、1ヶ月3000ドル以上の収入です。がっつり働いて貯金したらオーストラリア国内旅行だって楽しめます。

働いてばっかりじゃ味気ないこともありますからね。オーストラリアは見所満載の国です。

大きく成長して、「ワーホリに行くの?無駄だよー、英語なんか伸びないって」なんてネガティブなことを言ってきた人たちを見返してやりましょう!

この記事で紹介したサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-就職活動

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5