オーストラリア観光情報 ニューサウスウェールズ州

【シドニー観光】水上飛行機が発着するレストラン、エンパイア・ラウンジの魅力を語る。

シドニーシープレーンズ

シドニーのオペラハウス、ロックスを散策しているとよく上空を水上飛行機が飛んでいるのを見かけます。この水上飛行機が発着するのがローズベイのフェリーターミナルすぐ傍にあるレストラン、エンパイア・ラウンジ。

美味しいモダン・オーストラリア料理を楽しめるエンパイア・ラウンジの紹介します。

航空好き、もしくはシドニーでデート・女子会向けのレストランを探している方にオススメです。

もともとは国際空港だったローズベイ

オーストラリア シドニー
photo by hosico

シドニー市内、Circular Quay(サーキュラーキー)のフェリー2番ターミナルからワトソンズベイ行きのフェリーに乗って最初に停まるのがローズベイ。約12分で着きます。

オペラハウスの真横を通るので写真を撮るのにもぴったり。夕方に行くとキレイな夕焼けが。

シドニー ハーバーブリッジ
photo by hosico

こんな所に空港?っていうか海じゃん(笑)と思う方多いと思います。

1938年、オーストラリア初の国際空港から発着していたのは現代の大型旅客機ではなく、有名なアメリカ製の飛行艇カタリナ。発着はシドニーハーバーの水上からでした。

シドニーからロンドンまで16回の停泊、給油を含め片道10日2人のパイロット、3人のキャビンクルー、乗せられるゲストはたったの15人。往復のチケット代は当時の平均年収を余裕で超える額。テクノロジーの発展に感謝です。

この水上飛行艇を運営していたのが後のカンタス航空。エンパイア・ラウンジはこの歴史を展示した小さな展示場を併設しています。

シドニー・シープレーンズによる水上飛行機のツアー

シドニー シドニーシープレーンズ
photo by hosico

かつて水上飛行艇で賑わったローズベイで現在観光ツアーを催行しているのがドニー・シープレーンズ(Sydney Seaplanes)使用機体はデ・ハビランド・カナダ社の6人乗りビーバーとセスナ社の9~11人乗りキャラバン。

シドニーのハーバーブリッジやオペラハウス上空を飛行する15分の遊覧飛行を始め、水上飛行機でレストランへ行ったり、真珠の養殖場へのツアーも人気の様子。

シドニー シドニーシープレーンズ
photo by hosico

シドニー・シープレーンズの公式サイトを見る

エンパイア・ラウンジのオススメのメニュー

エンパイア・ラウンジで提供されるのはモダンオーストラリア料理どれも美味しかったんですが、その中でお気に入りを3つ。

お気に入り料理

  • 前菜(写真上部中央) Dips - Taramasalata $9
  • 前菜 Caramari(写真右下) $26
  • メイン T-Bone(サイド2種付き) $88
シドニー エンパイアラウンジ
photo by hosico

シェフの一押しとのことで頼んだタラマサラータ。聞いたことなかったので調べたら、ギリシャの国民食でした。

魚卵、レモン果汁、パン等を混ぜたディップ。ちょっとざらっとした舌触りと、クリームチーズのような味。見た目は淡いピンク色。チリオイルがかかっています。パンにつけて食べました。

スパークリングワインに合う、ちょうどいい塩気。あんまり魚っぽさはありません。超美味しかった!私とパートナーのイチオシです。

次に、オーストラリアでカラマリと言えば、分厚い衣をつけて揚げたイカリング。

が、エンパイア・ラウンジのカラマリは揚げてないし、衣もついてない。グリルされててめっちゃ柔らかいし、ゲソもついてくる。ゲソ大好きなので感動しました。オーストラリアってゲソあんまり見かけません。

ナムジムと言うタイ料理で使われるフレッシュでピリ辛のソースが添えられています。ウェイターさんのお気に入りだそうです。

シドニー エンパイアラウンジ
photo by hosico

写真手前にあるのがTボーンステーキ。

超大きいし、分厚い(笑)夜に写真を撮ったので見にくいですが、上にはトリュフのスライスが乗っています。贅沢ー!オーストラリアのステーキって固いイメージあるんですが、これは柔らかかった!完璧なミディアムレア!(注文するときに好みの焼き加減を聞いてくれます)

そして、この写真左上にあるのが、なんと抹茶そば(笑)メニューの記載は

Green Tea soba,sesame dressing, shaved cabbage with furikake, served with Ocean trout

抹茶そば、胡麻ドレッシング、キャベツとふりかけ、オーシャントラウトを添えて

めっちゃ斬新!ふりかけ!(笑)

抹茶そばが千切りのキャベツや葉野菜と胡麻ドレッシングで和えられていて、その上にシンプルにグリルしたオーシャントラウト(サーモンに似た魚)の切り身。レンコンチップも添えられています。

いや、普通に美味しかったし、トラウトも皮はパリパリ、中はしっとりで完璧な焼き具合でしたけど。

お蕎麦をイメージして頼むと、「いや、なにこれ?」ってなるかも。ヘルシーなお蕎麦をサラダにして食べるオーストラリア人、たまにいます。サラダうどんか、冷やし中華みたいな位置付けです。

魚が苦手な方は、チキンと豆腐のオプションもありました。抹茶そばの豆腐乗せ…ベジタリアンフレンドリーなメニューです。

特別な日のデートや女子会にぴったり

サーキュラーキーからフェリーで約12分と便利な立地でちょっとオシャレな週末にうってつけ。カクテルは1杯$18と他のドリンクに比べて割高ですが、色んな種類がありました。

美味しい食事だけじゃなく、遊覧飛行も楽しめるオススメのスポットです。シェフがとっても研究熱心だそうで、メニューがよくアップデートされるとのこと。カップルの他、家族連れやドレスアップした女性グループの姿も多かったです。

人気のレストランなので要予約、Empire Loungeの公式ページから予約可能です。

ちなみに、お隣のCATALINAも高級&ロマンチックなレストランとして有名なので、気になった方は是非。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-オーストラリア観光情報, ニューサウスウェールズ州
-, , ,

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5