ワーキングホリデー 英語学習

オーストラリア英語はスラングがいっぱい!日常会話で使用頻度の高いスラング。

オーストラリア スラング

今ホームステイなんですけど、時々ファミリーが聞いたこともない単語を使うんです。多分スラングだと思うんですけど…こんな調子だとローカルの仕事なんか全然無理な気がします。よく使うものだけでも教えてもらえませんか…

そのお気持ちよく分かります。

保育園から英語を始めて、語学留学をし、通訳者養成学校まで通った私ですら、オーストラリアに来た時は英語の違いにびっくり。

ワーホリ中から今まで5年間ほぼローカル企業で接客・事務をしてきた私が、同僚やお客さんからよく聞く、日常会話で使うスラングを紹介します。

この記事で分かること

  • 頻出スラングとその意味(日常編、職場編、文章編)
  • オーストラリア人の友達がいなくてもスラングが聞ける場所

オーストラリアの頻出スラング(日常編)

  • Straya ストラヤ:オーストラリア
  • Barbie バービー:バーベキュー
  • Snag スナッグ:ソーセージ
  • Esky エスキー:クーラーボックス
  • Stubby スタビー:ドリンクホルダー
  • Bottle-o ボトロー:酒屋
  • Veggies ベジーズ:野菜
  • Chook チュック:鶏肉
  • Roo ルー:カンガルー
  • Loo ルー:トイレ
  • Devo デヴォ:めっちゃ悲しい(Devastatedの略)
  • Stoked ストークド:めっちゃ嬉しい
  • Sanger サンガ:サンドイッチ
  • Runner ラナー:ランニングシューズ
  • Maccas マッカス:マクドナルド
  • Mozzie モジー:蚊
  • Midge ミジー:Sand fly(蚊みたいな虫)、刺されるとめちゃくちゃ痒いし腫れる
  • Sunnie サニー:サングラス
  • Top bloke トップブローク:めっちゃ良い男
  • Babba ババ:赤ちゃん
  • Thongs トングス:ビーチサンダル(アメリカ英語ではTバックの下着)
  • Chippie チッピー:フライドポテト
  • Biccy ビッキー:ビスケット
  • Avo アヴォ:アボカド
  • Brekkie ブレッキー:朝ごはん
  • Tea ティー:晩ごはん
  • Deadset デッドセット:確信している、真実
  • Rego レジョ:登録(Registrationの略)
  • Cuppa カッパ:紅茶

オーストラリアの頻出スラング(職場編)

  • Fortnight フォートナイト:2週間(オーストラリアのお給料は2週間毎が一般的)
  • Chuck a Sikkie チャック ア シッキー:病欠する
  • Crook クルック:体調不良
  • Go off:めっちゃ怒る
  • Doc ドック:医者
  • Meds メッズ:薬
  • Suss it out:未知の状況を判断する、様子を伺う
  • Slammed/Flat out スラムド/フラットアウト:めっちゃ忙しい
  • Smoko スモーコ:タバコ休憩
  • Ta タ:ありがとう

オーストラリアの頻出スラング(文章編)

  • At the end of the day:結局、つまるところ
  • Touch base タッチベース:打ち合わせをする=Catch up
  • Yeah Nah:No 
  • Nah Yeah:Yes
  • No worries, No drama:No problem、It's ok
  • I reckon:I think
  • Crack the shit:なにかについて怒る、文句を言う
  • Good on ya:頑張ったじゃん、やるじゃん
  • Can't be bothered:やる気にならない、乗り気がしない
  • Have a crack:試してみる
  • She'll be right:大丈夫だよ

オーストラリアのスラングを聞ける動画

文字に起こすと分かり易い気がします。でも、やっぱり実際に使ってるところが見てみたいです!オーストラリア人は友達があんまりいないんですけど…

オーストラリアのスラングが聞けるYoutube

クロコダイル・ハンターの異名を持ち、世界一有名なオーストラリア人と呼ばれたSteve Irwin氏はサンシャインコーストのAustralia Zooの経営者で環境保護活動家。

2006年に44歳でグレート・バリア・リーフでドキュメンタリーの撮影中のエイの尻尾に胸を刺される事故で亡くなっています。当時ニュージーランドにいた私もそのニュースをテレビで見ました。

残った家族は彼の意志を次いで今でもAustralia Zooに。

Nat's What I Reckonはコロナウィルス蔓延によるロックダウン中に人気急上昇したYoutuber。

とっても強烈なオーストラリアアクセントでオーストラリアの定番料理の作り方を紹介しています。

関連記事【英語学習&文化理解】オーストラリア人人気Youtuberの動画を見よう!

オーストラリアのスラングが聞けるNetflix

この他、オーストラリアのリアリティーTVショーでも、もちろんスラングいっぱいの生きたオーストラリア英語が聞けます。

関連記事【ワーホリ・留学】ネイティブの英語に触れる機会が少ない時はテレビを見よう!

オーストラリアのスラングまとめ

最初は聞き慣れないし、意味が分からないことも多いオーストラリアのスラング。

ちょっとずつ発音を真似して会話の中に取り込んでいけると、英語力にネイティブ感が混ざってきます。

日常のコミュニケーションをスムーズにするために、スラングに触れる機会を増やして行きたいですね。

この記事で紹介したサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ほしこ

2015年1月、ワーホリビザでブリスベンに。 航空系の現地企業でスポンサーをもらって永住権取得。 ハミルトン島2年半→エアリービーチ1年→現在、シドニー在住2年目。 趣味は旅行、料理、映画、読書。 イギリス人パートナーと保護猫と暮らしています。

-ワーキングホリデー, 英語学習
-

© 2020 おずぶろぐ。 Powered by AFFINGER5